Press "Enter" to skip to content

純日本建築から遠のいた雰囲気の家が人気がありますね!

家のトレンドは、毎年変わってきています。

特に、当たり前の設備になったのがソーラーシステムです。

新築関係には多い装備で、外観を損ねない美しい仕上がりの家も結構見ます!

そんな中で、内装に関してはコダワリ派の傾向は見えてきました。

それは、とにかく天井が高い事と窓がデカい事ですね。
純日本住宅では「寸」や「尺」が基本になります。

その既存の考え方では、吹き抜け天井は存在しにくいですね…。

出来ない事はありませんが、構造上の問題はありそうです。

そこで登場は、設計・注文でのお洒落な家です。

これなら既存の概念は取り払われます。

今述べた設備に注目株の「暖炉」が付けば最強のトレンドハウスになってきます。

子供がボール投げしても、天井には当たる事はありません。

その姿を見て…余裕の笑顔のお父さんが想像つきませんか?

多分ですが、建ぺい率の関係で家が狭く感じる人が多い現状です。

少しでも解放感を出す為の工夫がトレンドになった気がします。

でも結果としては、普通では味わえない解放感が手に入るのでOKですよね。